ジョーソンドキュメンツのイラスト制作
ビジネスで使用するイラストはお任せください!

文字の羅列だけでは敬遠されがちなドキュメントも、イラストを効果的に活用することで飛躍的に分かりやすくなります。
私たちは、イラストをコミュニケーションツールの最重要ファクターとして位置づけ、
クライアントからご提供いただく設計図面、CADデータ、写真などを、より効率よく効果的に使用します。
テクニカルイラスト、3Dデータを使用したCG、キャラクターはお気軽にご依頼ください。
お問い合わせフォーム

イラスト制作サービス

テクニカルイラスト

テクニカルイラスト

文章だけでは伝えきれない複雑なメカニズムを分かりやすく表現するのが「テクニカルイラスト」です。様々な分野のテクニカルイラストの経験からお客様に合ったご提案をしております。
3Dデータの活用

3Dデータの活用

3D CADやCGを使用することでお客様の装置を忠実に再現し、撮影にかかるコストを削減すること可能です。
作成したCGはマニュアルなどのドキュメント類への展開はもちろん、CGアニメーションを作ることも可能です。
キャラクターデザイン

キャラクターデザイン

難解なドキュメントやコンテンツなどに表現を豊かにする手段としてキャラクターを使用することをご提案しています。キャラクターを使用することで理解力や見やすさが格段に改善します。

当社の取り組み

CASE 01

テクニカルイラスト

文章だけでは伝えきれない複雑なメカニズムを分かりやすく表現するのが「テクニカルイラスト」です。私たちは様々な分野のテクニカルイラストを数多く制作してきました。
コスト削減に繋がる3D CADからのイラスト作成はもちろん、2D CADや紙図面からのイラスト作成にも対応しております。
設計データがない場合でも実機の写真からイラストを描くことが可能です。
CASE 02

CG制作/3D CADを活用したイラスト

3D CADやCGを使用し、お客様の装置を忠実に再現することで、これまで必要とされていた、スタジオまでの運搬費・スタジオ費・撮影費などのコストを軽減することができます。
作成したCGは改訂や変更対応に優れており、様々なドキュメント類に対応できるようご提案しています。

映像処理関連装置のサンプルを見る
海外向けごみ処理プラント工場の計画構想図のサンプルを見る

また、装置の断面や構造などを3Dイラストで表現することで教育研修や技術伝承用のコンテンツに活用できます。

原子力発電用プラント設備(バルブ)のサンプルを見る
CASE 03

XVL形式・CGを使ったアニメーション

2Dの設計データをもとに3Dモデリングした空気圧縮機と水圧ポンプです。3DモデリングしたデータをXVL形式に書き出し、分解アニメーションの作成をすることが可能です。プロモーションやプレゼンテーションに活用されています。

■XVL形式
空気圧縮機のサンプルを見る
水圧ポンプのサンプルを見る
※閲覧はInternet Explorer 11およびXVL Plaryer Ver. 15.1a以降の環境が必要です
■CG
空気圧縮機のサンプルを見る
水圧ポンプのサンプルを見る

※XVLとは
「XVL」 (eXtensible Virtual world description Language) は、XML (eXtensible Markup Language)をベースとした超軽量3D表現として、ラティス・テクノロジーが提唱する表現形式です。XVLを用いることで、3D CADなどで生成されたデータを数百分の1にまで軽量化することができます。
また、メモリが少ない環境で巨大な3Dデータを高速表示する技術の実装により、ネットワーク環境での3Dデータ共有に最適な形式です。
さらに、XVLに変換されたデータは、無償のXVL Playerで閲覧が可能です。
( http://www.lattice.co.jp/ja/download/ )
XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
CASE 04

キャラクターデザイン

コンテンツや冊子で表現を豊かにするキャラクター。
難解な文章や仕組み、また法的規定文章など、私たちは情報を伝える手段としてドキュメント類にキャラクターを用いることがあります。
動画やアニメーションに登場するキャラクター達は、それ自体で作品の良し悪しが左右されることもあります。当社では、命を吹き込む思いでキャラクターを描いております。
CASE 05

心を描く 挿絵

当社のイラスト技術は、ただあるものを表現・再現するだけではありません。
中でも、人の心(かっとう、ジレンマなど)を文章から読み取り、それらの経緯や状況を含め、一枚の絵で表現します。

コンプライアンス教育やモラル教育などにおいて重要となる、人の心・感情表現などを、お客様の社内風土なども取り入れ制作します。

サンプルも作成しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
CASE 06

アニメーション作成

コンテンツ制作で主に使われているFlashアニメーション。近年ではブラウザ対応の問題やスマートフォンやタブレットなどマルチデバイスの対応が必要となるケースが多く、html5とMP4を使用したコンテンツ制作が主流となってきています。
弊社ではお客様の環境に合わせたアニメーションを提供し、過去にFlashで制作したものについてはMP4などの動画形式に変換することが可能です。

アニメーションに適しているのは教育コンテンツです。キャラクターや素材、文字などに動きを付け、ナレーションを加えることで教育コンテンツは格段に理解しやすくなります。

サンプル1を見る
サンプル2を見る

制作プロセス

  • Step 1.

    事前確認

    お客様から事前にある程度のイラストの構想をメールなどのやり取りで確認いたします。写真やイラストのタッチなど具体的な要望がある場合は先にお知らせいただけるとスムーズに打ち合わせや進みます。
    どうしたら良いかわからない場合は次のステップに移り、弊社から過去の事例などをご覧いただきながら決めていきます。
  • Step 2.

    打ち合わせ・取材

    どのようなイラストを描くか具体的にヒアリングを行います。事前に詳しく要望をお聞きしていた場合はここでサンプルをご提出することもございます。
    イラストの使用目的や取り入れたいキャラクター、イラストのタッチを確認いたします。
  • Step 3.

    企画・構成

    イラストコンセプトを決め、ラフ画などで提案します。

    また、必要に応じて、概算お見積書、概略スケジュールなどを提出いたします。

    Illustratorを使った本格的な作業の前にある程度、お客様の要望を具体化します。
  • Step 4.

    イラスト作成

    ラフ画をIllustratorなどのソフトを用いてイラストをデータ化します。
  • Step 5.

    お客様チェック

    完成したイラストがご希望に沿っているか、色使いやキャラクターの表情に問題がないかチェックしていただきます。
    追加、仕様変更がある場合、ここで指示をいただく必要があります。
    修正が必要となる関連箇所の抽出を行い、修正します。
  • Step 6.

    納品

    お客様ご指定の形式で納品します。

    納品形態は、イラストデータ、PDFデータ、画像データなどデータ一式での納品が可能です。

会社情報

会社名
  • 株式会社 ジョーソンドキュメンツ
  • Jhoson Documents Inc.
設立
平成13年12月(2001年12月)
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 川田 辰男
事業内容
産業装置等のマニュアル・パーツカタログの企画制作
企業内オンライン教育・訓練のためのシステム提案および、
各種eラーニングコンテンツの制作
所在地
本社:〒761-0301 香川県高松市林町351番地20
東京:〒190-0022 東京都立川市錦町3丁目7-6 ルート立川 2階
電話番号
  • 本社:087-868-1826
  • 東京:042-548-0235
FAX
  • 本社:087-868-5818
  • 東京:042-548-3418
従業員数
39名(社内協力スタッフ含む)

お問い合わせ

※半角カタカナや特殊記号は使用しないでください(正常に送信されない場合があります)。

必須は必須入力項目です。

Copyright © 2017 株式会社 ジョーソンドキュメンツ