ジョーソンドキュメンツのパーツカタログ制作
見やすく、わかりやすく、そして「正確」に

パーツカタログとは、テクニカルイラストと部品表で構成されており、製品のリペアパーツの確認や部品発注に利用されるマニュアルです。
また、製品の複雑な構成や分解・組み立て方法の確認にも利用されます。
私たちは、産業用装置、医療機器、自動車・航空機関連機器などのパーツカタログ制作の実績をもとに、
見やすく、わかりやすく、そして正確なパーツカタログをご提案します。
お問い合わせフォーム

パーツカタログ制作サービス

テクニカルイラスト

テクニカルイラスト

テクニカルイラストとは、等角投影法などの技法を用い、立体的に製品を表現したイラストです。設計図面を読むことができない人も直感的に製品の外観や部品の形状を確認することができます。 パーツカタログの分解図もこの手法でイラストを描きます。
3Dデータの活用

3Dデータの活用

IGESやSTEPといった3D CADの中間ファイル形式データをご提供いただくことにより、テクニカルイラスト作成のコスト削減にはもちろん、製品のトレーニング教材としてCGアニメーションを制作することが可能です。製品の構造をより深く知ることができます。
写真トレース

写真トレース

図面やCADデータがない場合や機密保持などにより設計データをご提供できない場合でも、実機の写真や取材による分解・採寸からテクニカルイラストを描くことが可能です。

当社の取り組み

CASE 01

テクニカルイラストを使用した立体分解図の作成

テクニカルイラストとは、等角投影法(アイソメトリック投影法)などの技法を用い、立体的に製品を表現したイラストです。
これらのイラストは、設計図面を読むことができない人も直感的に製品の外観や部品の形状を確認することができます。
パーツカタログのテクニカルイラストは立体分解図で表現することが一般的で、当社では2D CADデータやデータ化されていない図面や写真などからも、立体分解図を描き起こすことが可能です。

また、当社では3D CADからの製品設計に対応しており、3D CADデータを有効活用した立体分解図制作をご提案しています。
CASE 02

リスト(部品表)の作成

リスト(部品表)は、パーツカタログでは必要な情報です。
当社では、ご提供いただいた資料からリスト作成に必要な情報を自動で処理できるよう、積極的にExcelのスクリプト(VBA)を活用し取り組んでいます。
自動化することで、工期の短縮やリスト間での部品名称不一致などのミスを防ぐとともに、整合のとれたリストに仕上げます。
また、A4サイズの場合リストは1ページあたり40点を基準とし、構成を考えます。それ以上の点数になるとイラストも乱雑で分り辛くなり、リペアパーツ交換時のミスを起こす可能性があります。
弊社はこういった見やすさを重視し、ユーザーにとって分かりやすいパーツカタログを制作しております。
CASE 03

社内連携による他ツールへの展開

パーツカタログにとどまらず、マニュアルセクション、eラーニングコンテンツセクションと連携してテキストやイラストなどの素材を転用し、他ツールへの展開を実現します。

例:
(1)サービスマニュアル、メンテナンスマニュアルへ展開
(2)社内教育用のeラーニングへ展開
(3)製品トレーニング教材としてのCG、動画、アニメーションなどへ展開
SAMPLE

パーツカタログのサンプル

■電話機のパーツカタログ(PDF)
市販されている電話機を弊社で分解・採寸し、構成を考えました。

サンプルを見る
※閲覧にはAdobe Readerが必要です
WORKS

コンテンツの制作実績

  • 電機自動車向けパーツリスト
  • 航空機内装品パーツリスト制作(CMM/IPL)
  • 航空機用シートパーツリスト制作(CMM/IPL)
  • 半導体製造装置向けパーツリスト
  • 医用機器向けパーツリスト
  • 複合プリンター向けパーツリスト
  • エアフィルター向けパーツリスト
※CMM : Component Maintenance Manual

制作プロセス

  • Step 1.

    事前調査

    お客様から、過去のパーツカタログのご提供を受け、取材前に製品の予備知識を得るために十分な読み込みを行います。
    ここで、従来のパーツカタログの構成などを知ることができます。

    過去に事例がStep 2.へ進みます。
  • Step 2.

    打ち合わせ・取材

    パーツカタログの運用方法、対象の使用者など、基本コンセプトについて打合せを行います。
    また、対象となる製品の図面、設計データ、部品構成表などの制作に必要な情報を収集し、必要に応じて実機取材を行います。

    過去に事例がない場合は弊社からご提案をします。
  • Step 3.

    企画・構成

    パーツカタログ構成案やページレイアウト案などをご提案します。
    また、必要に応じて、概算御見積書、概略スケジュールなどを提出いたします。
    ここでお客様には、パーツカタログ構成に対しての情報の過不足がないか、構成順序が正しいかどうかのご確認をいただきます。
  • Step 4.

    原稿作成

    図面または取材によりピックアップした交換部品にアイテム No.(風船番号)を割り振ります。
  • Step 5.

    素材作成

    イラスト作成:図面や設計データから執筆原稿に基づいて、テクニカルイラストを作成します。
    リスト(部品表)作成:構成部品表から執筆原稿に基づいて、リスト(部品表)を作成します。
  • Step 6.

    DTP編集

    イラスト、リスト(部品表)などの素材をInDesign、QuarkXpress、FrameMaker、MS-Excelなどご指定のDTPソフトにより、ページレイアウトを実施します。
  • Step 7.

    社内チェック

    イラスト、リスト(部品表)の整合がなされているかをチェックします。
    ボリュームが大きい場合はVBAなどでプログラムを組み、チェックを行うこともございます。
    また、全体構成に問題がないかをチェックします。
  • Step 8.

    お客様チェック

    完成した状態で出力紙一式(またはPDF)を提出し、内容のチェック(情報の過不足、イラストは正しいかなど)をお願いします。
    追加、仕様変更がある場合、ここで指示をいただく必要があります。
    指示いただいた訂正に関連して修正が必要となる箇所の拾い出しを行い、修正します。
    承認をいただくまで、「校正チェック」を繰り返します。
  • Step 9.

    納品

    お客様ご指定の形態で納品します。
    納品形態は、DTPソースデータ、イラストデータ、PDFデータなどお客様のご要望に応じた納品が可能です。

会社情報

会社名
  • 株式会社 ジョーソンドキュメンツ
  • Jhoson Documents Inc.
設立
平成13年12月(2001年12月)
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 川田 辰男
事業内容
産業装置等のマニュアル・パーツカタログの企画制作
企業内オンライン教育・訓練のためのシステム提案および、
各種eラーニングコンテンツの制作
所在地
本社:〒761-0301 香川県高松市林町351番地20
東京:〒190-0022 東京都立川市錦町3丁目7-6 ルート立川 2階
電話番号
  • 本社:087-868-1826
  • 東京:042-548-0235
FAX
  • 本社:087-868-5818
  • 東京:042-548-3418
従業員数
39名(社内協力スタッフ含む)

お問い合わせ

※半角カタカナや特殊記号は使用しないでください(正常に送信されない場合があります)。

必須は必須入力項目です。

Copyright © 2017 株式会社 ジョーソンドキュメンツ